2011年09月28日

Firefoxが6から7にアップデート

20110928.png
もうすぐ10月・・・10月といえばUbuntuのアップデートがあります。
半年前のUbuntu 11.04登場のときと同様、Ubuntu 11.10正式版がリリースされる前に筆者は前倒ししてBeta2から使い始めています。


ただしデスクトップ環境のUnityから脱却(正直重く感じていました)すべく、今回はXfceを採用したXubuntuをチョイスしてみました。いろんなサイトで報告されているようにサクサク動くXfceなので、切り替えたのと同じタイミングでアップデートされたFirefoxが、正直どれだけ軽いのかわからない状態です・・・ちょっと惜しいことをしたかも。


ロケーションバーの「http://」が表示されない使用になったのは、Chromiumにだんだんと似てきているような印象を受けます。


利用しているアドオンは13点。
どうしても併用しているChromiumの方が軽快に感じてしまうのは、使い始めた時の体感速度がChromiumの方が段違いに速かったせいかもしれません。


どのくらいスピードアップしたのか?アップデートがまだの方は、是非体感してみてください。

Mozillaが「Firefox 7」正式版をリリース、メモリ使用量削減で高速化

Webブラウザ「Firefox」などを開発するMozilla Foundationが、「Firefox 7」の正式版をリリースしました。今回のメジャーアップデートでは、可動に必要な使用メモリを削減することでより高速なブラウジングを可能にするなどの改良が行われています。

◆メモリ使用量の削減
メモリの使用量が、従来のものと比較して20%〜30%程度削減されており、特定のケースでは50%ものメモリ使用量が削減できているそうです。Mozilla Japanのブログによれば新しいタブを開いたときや、サイト内のメニュー項目やボタンをクリックしたときに、その違いが実感できるだろうとのこと。

◆各種標準技術への対応
ハードウェアアクセラレーションの活用によって Canvas のレンダリングを強化し、HTML5 アニメーションを高速化しているとのこと。「Runfield」のようなブラウザゲームをより快適に楽しむことができるようになっています。

◆Firefox Sync の改良
ブックマークやパスワードを追加、変更したときに、データがほぼ瞬時に同期されるようになりました。

◆ロケーションバーで「http://」を非表示に
従来「http://gigazine.net」と表示されていたURLが、「gigazine.net」と表示されるようになりました。

◆W3C標準のNavigation Timingを実装
開発者向けに、ページの読み込み時間やサイト内遷移を、回線速度、訪問者数、その他の要因と比較できるようになりました。

◆Web Timing 仕様 への対応
開発者向けにページ読み込み時間やサイトナビゲーションの測定を可能にして、Webサイトのパフォーマンスを向上させる方法の特定が容易になったとのこと。

◆CSS3 text-overflow: ellipsisへの対応
レイアウト範囲からはみ出した文字列の表示方法を指定できるようになりました。

◆Telemetry
専用のアドオンをインストールすることで、ブラウザのパフォーマンスデータを報告し、Firefoxの今後のバージョンの改善に協力できるとのこと。
タグ:Firefox 7
posted by media_aidem at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2011年09月13日

Microsoft定例パッチでフライング

すでに出来上がっているモノを誤って公開してしまったのを取り消してまで”月例パッチ”にこだわる意味が、まったくわかりませんね。ソレが「重要」なセキュリティ更新ならばなおさらです。


期日を決めて公開することで、毎月サーバのトラフィックでも計測してるのでしょうか?
そうでなければなんなのでしょう・・・?


月例パッチを当てたらブルースクリーンになっちゃったというトラブルが記憶に新しいですが、「月例パッチ 不具合」なんてキーワードで検索してみると、過去にはたくさんのトラブルが報告されていることがわかります。


先日取り上げた”カレログ”ではありませんが、セキュリティアプリにスパイウェア認定されちゃったりして。そんなことのないようきっちりアップデートして欲しいものであります。

Microsoft、手違いでセキュリティ情報を前倒し掲載

 米Microsoftが米国時間の9月13日に公開するはずの月例セキュリティ情報を、手違いで9日にWebサイトに掲載してしまうハプニングがあった。Microsoftはその後、掲載された内容を削除し、正式公開は予告通り13日になると説明した。

 SANS Internet Storm Centeは9日のブログで、一時的に公開された内容を紹介した。それによると、セキュリティ情報はMicrosoftの事前通知の通りに5件あり、深刻度はいずれも「重要」レベル。このうち2件はWINSの脆弱性とDLL関連の脆弱性について、残る3件はExcel、Office、Sharepointの脆弱性について記載されている。

 このうちWindowsのDLL関係の1件の脆弱性については、既知のエクスプロイトが存在する。また、SharePointの権限昇格に関する6件の脆弱性のうち1件については事前に情報が公開されているという。

 9日に掲載されたのはセキュリティ情報のみで、更新プログラムは公開されなかったとみられる。Microsoftのセキュリティ対策センターはTwitterで同日、早まって掲載してしまったコンテンツを削除したことを認め、「13日まで待ってほしい」と呼び掛けた。
posted by media_aidem at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2011年09月08日

話題のアプリ”カレログ”がスパイウェア認定

侵入して勝手に情報収集するという動きの面ではスパイウェアと変わらない「カレログ」。
リリースされた時から、かなり話題になっていましたが現実にスパイウェアとして認定されました。公開されているマカフィーのウイルス情報によると「不審なプログラム}となっています。

唯一の救いは「故意に携帯電話にインストールしない限り、Android/Logkare.Aに感染することはない」という条件でしょうか。つまり感染ルートはソーシャルハッキングのみ、しかも実際にいじられない限り”今のところは”感染しない点です。


・・・なに?身近にいる彼女がいちばん怖い?
それはご自分でなんとかしてください。


「カレログ」をMcAfeeがスパイウェア認定 「信頼できない人とデバイスを共有しないで」

 スマートフォンにインストールすることで「カレシの行動まるわかり」をうたったAndroidアプリ「カレログ」について、McAfeeがスパイウェアと認定し、同社のウイルス対策ソフトに対応させた。

 McAfeeは同アプリを「Android/Logkare.A」という名前で識別。「ターゲットのデバイスの通話記録、インストールされているアプリケーションのリスト、GPS位置情報、バッテリー残量を監視するスパイウェア」と認定し、「Android/Logkare.Aは正規のソフトウェアですが、ユーザーが知らぬ間に、明確な合意を得ないまま、個人情報を第三者に転送できる機能が組み込まれています」と説明している。

 「故意に携帯電話にインストールしない限り、Android/Logkare.Aに感染することはない」ため、「いつも言われていることですが、絶対に見知らぬ/信頼できない人とデバイスを共有しないでください」と警告している。

 カレログは、交際相手のスマートフォンにインストールすることで、GPS機能を使って現在地の追跡や通話記録、バッテリー残量のチェックなどが可能なアプリ。1年間で1980円という有料サービスとしてリリースしたが、プライバシー問題や「マルウェアではないか」という指摘が相次ぎ、開発元が「近日中にアプリの修正、または、サービスの根本的見直しを含め検討する」と表明する騒ぎになった。
posted by media_aidem at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。