2011年10月04日

Microsoft Security Essentialsの精度

20111004.png
LinuxをメインOSとして使っています。
いくつかの作業をWindowsを使わないとできない関係で、先ほどサブマシンのWindowsを久しぶりに起動しブラウザを立ち上げたのですが、”誤って”普段使っているChromeではなくIEを起動してしまいました。起動するまで時間がかかりホームページへのアクセスも非常に遅くて、壊れちゃったのかと勘違いしました。


数日前にウイルス対策ソフト「avast!」が自らをウィルスと認識したというニュースがありましたが、MicrosoftもGoogle Chromeをウィルス扱いしたというニュース。「なんだかなぁ…」というのが偽らざる心境です。


調べてみると”Zbot”は、作成ツールが出回っていて非常に簡単に作れる反面、その挙動は”凶悪”なのだとか。セキュリティソフトの誤認識はまだしかたのないことの範疇にありますが、個人的にはChromeに対するやっかみなのでは・・・?と勘ぐってしまいました。


そしてGoogleは『Google、ウイルス扱いされたChromeを修復するアップデートを公開』という大人の対応(^^ ;)


エンドユーザを翻弄させるのはいい加減にしてほしいなと思います。

MicrosoftがGoogle Chromeをウイルス扱い、セキュリティソフトで誤検知

 米Microsoftの無料ウイルス対策ソフトウェア「Microsoft Security Essentials」で、GoogleのWebブラウザのChromeが誤ってマルウェアと認識され、削除されてしまう問題が起きた。Microsoftはその日のうちに定義ファイルを更新して対処している。

 Google Chromeのブログによると、Microsoft Security EssentialsでChromeがマルウェアの「Zbot」(別名Zeus)として誤検知される問題は、米国時間の9月30日に発生した。影響を受けたユーザーのコンピュータでは、Chromeが起動できなくなったり新しいWebページを表示できなくなったりするトラブルに見舞われているという。

 Microsoftも同日、Facebookなどに掲載した情報で誤検知が起きたことを認め、発覚から数時間後に定義ファイルを更新して不具合を修正したことを明らかにした。約3000人がこの問題の影響を受けたとされ、これらユーザーは手動でMicrosoft Security Essentialsを更新する必要があるとしている。

 手動で問題を解決するためには、まずMicrosoft Security Essentialsの定義ファイルを更新し、その後Chromeをいったんアンインストールして、再度インストールし直す必要がある。Googleは、影響を受けたユーザーのChromeを自動的に修復するためのアップデートをリリースすると表明。ただしChromeが正常に動作している場合は何もする必要はないという。
タグ:Zbot avast!
posted by media_aidem at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。