2008年09月25日

とうとうアンドロイドが動き出す!

搭載端末のリリースに先駆けてAndroid SDKがリリースとなりました。
バージョン1.0ということなので正規版と考えてもいいようです。

新しいプラットフォームということでまず普及が大切。外部プログラマーを募りSDKを公表して門戸を開いておき、最初は有料コンテンツの販売をしない・・・とまるでWindows登場以前のマイコン創生期の頃のようですね。

オープンソースからビジネスモデルを作り出す能力に非常に長けているGoogle。今度はどんな手法を用意しているのでしょうね。



グーグル、「Android 1.0 SDK, release 1」をリリース

 Googleが「Android」向けソフトウェア開発キット(SDK)のバージョン1.0である「Android 1.0 SDK, release 1」をリリースした。プログラマーにとっては要注目のニュースだ。

 このSDKを使えば、プログラマーはT-Mobileが最初のAndroid搭載機「T-Mobile G1」を発売する米国時間10月22日を待たずして、Android搭載の携帯電話で動くアプリケーションを開発できる。Android SDKのリリースノートによると、前のバージョンである「Android 0.9 SDK」との最大の違いは、バージョン1.0でビルドしたソフトウェアは、今後発売される実際のAndroid搭載の携帯電話における互換性が確保されている点だという。前バージョンでは、実際の携帯電話での互換性を完全に保証できない部分があった。

 Googleは携帯電話向けのOSプロジェクトであるAndroidが起爆剤となり、携帯電話業界がより積極的にインターネット技術を取り入れるようになることを期待している。もちろん、Googleはここでも検索結果の隣に掲載される広告から利益を得るし、「Google Maps」は携帯電話利用者の物理的な位置とさらに密接に結びついた、新たな広告の可能性を切り開くことになる。

 Androidにおける重要な取り組みの1つとして、Googleが外部のプログラマーを誘い、Android搭載携帯電話向けのアプリケーションを開発するように働きかけている点が挙げられる。というのも、PC市場ではより手軽にプログラマーの創意工夫が活かされる環境があり、Googleとしては、どちらかと言うと閉鎖的な携帯電話業界に同様の環境を持ち込みたいという考えがあるからだ。この取り組みでは、SDKとともに「Android Market」と呼ばれるまもなく登場予定のアプリケーションダウンロードサイトも重要な役割を果たす。もっとも、Android Marketは当初、有料アプリケーションの販売には対応しない可能性がある。

 また、Googleは具体的な変更点についても挙げている。たとえばAndroid携帯電話に搭載されたセンサが利用可能になったほか、オーディオファイルに対応し、Wi-Fiネットワークも使えるようになっている。真剣にプログラミングへの参加を考えているなら、Googleが公表しているAPI変更点の一覧を参照するといいだろう。


posted by media_aidem at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。