2008年10月29日

日本国内の検索エンジンシェアに変動あり?

GoogleよりYahooが強いという”特殊”な環境下にある日本。
本家Yahooと切り離したYahooJapanの日本向けに特化したサービスや営業努力が躍進に貢献しているなんて記事をどこかで読んだ気がします。

筆者の個人的になってしまいますが、Googleの検索結果の方が欲しい情報にダイレクトに到達できるケースが多いので、「Yahooは使いづらい」という感覚が強いため、なんでまだYahooなの?と感じています。

トップページからしてごてごてといろんな情報を詰め込んであるため、ユーザの滞在時間が長い理由はうなづけますけれどね。

ただ折れ線グラフで見たときの乱高下はあるにせよ、今後とも順位は変わらなそうですね。気分的に1番よりもトップを目指す2番手の方が好きですし。


「GoogleがYahoo! Japanの寡占状況を変えつつある」--ネットレイティングス

 ネットレイティングスは10月28日、インターネット利用動向調査「NetView」の2008年9月データを発表した。

 調査では、企業が所有するすべてのドメインを束ねたプロパティランキングにおいて、Googleが対前年同月比120%、対前々年同月比で180%訪問者を伸ばしたことがわかった。Googleプロパティの訪問者は3090万人にのぼる。

 Googleプロパティは2006年11月のYouTube買収を期に成長を続け、2008年3月に初めて3000万人を突破。以降、3000万人前後の利用者を安定して集め、Yahoo! Japanに次ぐ2位の座を守っているという。

 とはいえ、Google躍進の理由は「YouTubeに代表される企業買収による新たなコンテンツの追加によるものだけではない」と、ネットレイティングスは分析している。(後略)



posted by media_aidem at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。