2008年12月10日

Firefox vs Chrome タイムアタックの結果

昨日のFirefox3.1β2リリースを受けて行われたFirefox VS Google Chromeのベンチマークであります。少し前まで最速と言われていたSafariよりも約3倍の速度ですから驚きです。

同様のβ版として一応参加しているようですけれど圧倒的にビリっけつの某MS社製ブラウザもお飾りのように参加しているようでありますが、とりあえず放っておきましょうか。いろいろなウェブサイトを徘徊していて表示が遅いなと感じるときは、大抵JavaScriptでアクセスログとっていたり、その他よけいなことをさせられているケースが見受けられます。

ブラウジングのスピードの現状での最大の負荷はやっぱりJavaScriptパフォーマンスのようですね。その分、GoogleのNative Clientはとても気になりますね。

新しいFirefoxにしてもGoogle謹製のChromeにしてもベータの文字が取れるのが非常に待ち遠しいです。


「Firefox 3.1」ベータ2、JavaScript実行テスト結果が「Chrome」最新ベータとほぼ同等に

 米国時間12月8日に、Mozillaは「Firefox 3.1」ベータ2をリリースし、Googleも「Chrome 0.4.154.33」をリリースした。いまや最新のJavaScriptパフォーマンスをテストする上で、機は熟したと考えられるだろう。

 次のような注目すべき結果が明らかになっている。「SunSpider」のテストでは、Firefoxが2110点を獲得してトップを守ったものの、Chromeは2140点を獲得し、僅差で2位につけている(SunSpiderのテストは、スコアが低いほど、パフォーマンスが良いことを意味している)。複数回のテスト結果には、若干の変化も見られたため、筆者が、ここに引用したスコアは、何度か実施したテストの平均点となっている。

 FirefoxとChromeが、発表されている唯一のブラウザであるというわけではないのだが、この2つのブラウザを比較するのは、以下のような理由から、非常に興味深い。まず最初に、どちらのブラウザも、ブラウジングエクスペリエンスの新たなアイデアによって、鳴り物入りで立ち上げられたオープンソースプロジェクトである。次に、その哲学的な要素ゆえに、両ブラウザとも、同じようなアーリーアダプター層の心をとらえやすい存在である。最後に、どちらのブラウザでも、Chromeには「V8」という、またMozillaには「TraceMonkey」という、新たなJavaScriptエンジンが採用されている。TraceMonkeyは、Firefox 3.1のベータ2にて、デフォルトでオンとなった。

 JavaScriptは、「Gmail」や「Google Docs」などの高度なウェブサイトの構築に用いられるが、より一般的な分野でも、幅広く活用されるようになっており、JavaScriptのパフォーマンスが高速であるほど、望ましいといえる。しかしながら、Googleは、コンピュータ上の一般的なソフトウェアの実行速度に近いスピードで、ウェブベースのソフトウェアを稼動させることを目指した、新たな「Native Client」ソフトウェアを用いた研究プロジェクトによって、JavaScriptを使用しないウェブアプリケーションの可能性を模索してもいる。



posted by media_aidem at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。