2009年02月02日

ウェブの市場シェア 2009年1月度

MacOSはシェアを伸ばし、Linuxは横ばい・・・。
リナックスフリークとしては、ちょっぴり寂しかったりもしますが、まあこんなもんなのかなというのが心情です。

驚かされたのは、まだベータ版の提供にも関わらず、Windows 7が登場してしまっていることでしょうか。よっぽど期待されているのか、あるいはVistaがよっぽど嫌われていたのかは不明ですが・・・。

そのWindows 7ですが、次にリリースするのはBeta2ではなくRCなのだとか。
もうコケることが許されない製品ですから個人的には慎重を期した方が得策だと思うのですが、一気に畳み掛ける作戦に出る模様。
正式版が出たとしても毎月パッチを当てる作業があるわけで、そう考えると永続的に半製品だったりしますから、ひょっとしたらあまり考えてないのかもしれませんね。



「Windows 7」と「Mac OS」、2009年1月市場シェアで順調な推移--米調査

 ウェブ調査会社Net Applicationsによれば、1月はベータ段階にある「Windows 7」と従来から利用されている「Mac OS」が好調だったようだ。

 Mac OSの市場シェアは現在、ウェブにアクセスするOSの中で約10%で推移している。

 Net Applicationsによる1月のOperating System Market Shareレポートでは、Mac OSのシェアが、2008年12月の9.63%から上昇し、9.93%となっている。「iPhone」も12月のシェア0.44%から、2009年1月には0.48%へと上昇した。(後略)


posted by media_aidem at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。