2009年02月05日

Firefox アップデートで6つのバグが修正

Firefox3_0_6_update
Firefoxのアップデートのアナウンスを受けて、メインマシンであるUbuntu on 自作パソコン(^^;)でもapt-getをかけてみたところです。何点かアップデートした項目が確認できましたが、現段階(日本時間5日11時)ではまだ一つ前の3.0.5のままとなっています。


念のためセキュリティアドバイザリのページを確認してみると危険度最高の脆弱性をひとつ含んでいます。諸々ご注意ください。

そういえば並列してリリースのアナウンスがされていたFirefox2は2008年12月でサポートが終了してしまった模様。結局3.xに移項できなかったアドオンがいくつかあるのですが、もう期待はできないのでしょうか。


モジラ、「Firefox 3.0.6」をリリース--セキュリティと安定性の問題を修正

 Mozilla Foundationは米国時間2月3日、「Firefox」のアップデートをリリースした。Mozillaの開発者は、このアップデートでFirefoxのいくつかのセキュリティ問題と安定性の問題が解決されると述べている。

 「Firefox 3.0.6」では6つのバグが修正される。その中で最も深刻なバグは、Firefoxのレイアウトエンジンに影響するJavaScriptの問題で、開発者はその重要度を「最高」としている。この脆弱性は、Mozillaの電子メールクライアントである「Thunderbird」とインターネットスイートである「SeaMonkey」にも影響を与え、攻撃者が脆弱なマシンで不正なコードを実行可能にする恐れがある、とMozillaは述べている。

 Mozillaは、このアップデートで、「Adblock Plus」などに含まれるスクリプトコマンドとプラグインとの連動が改善され、表示に関する問題も修正されるとしている。

 Firefoxが「Internet Explorer」の市場支配を少しずつ切り崩す中で、このアップデートがリリースされた。ウェブ調査会社Net Applicationsが2日に発表した統計によると、全世界におけるInternet Explorerのブラウザ市場シェアは現在67.55%で、1年間で7%以上低下している。一方、MozillaのFirefoxブラウザは、同じ期間で市場シェアを3%以上伸ばし、21.53%となっている。


posted by media_aidem at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。