2009年02月05日

Gmail フォルダ機能でますます便利に?

GMailでラベルが使える
フォルダ機能とラベル機能の併用、これでかなりGMailが使いやすくなりました。
マニュアルも何もなくGMail画面が突然デザイン変更していて、ラベル別のメールを一覧させるのにちょっと戸惑いましたが一度できちゃえばあとは楽チンですね。
([ラベル]-[ラベルの管理]で選択すると一覧できるようです)

さっそく既読のメールを含めて整理し直してみると、”重要”というラベルのフォルダがかなり雑多な状態になっていました・・・いったい何が重要なのかわからない・・・。

必要なメールを検索で探すという行為になれてしまっていたため、何も不足を感じなくなっていたんですね。ちょっと整理整頓してみようと思います。


「Gmail」にフォルダ風の新機能

 「Gmail」はこれまで、ラベルという柔軟なアイデアを優先してフォルダ機能を採用してこなかった。だが、Googleは古くからある機能のフォルダにも利点があると認め始めたようだ。

 フォルダ機能の欠点は、ファイルしたいメッセージをどこに保存するかを決定しなければならない点にある。「家族」なのか「旅行」なのか、迷う場合もあるだろう。ラベル機能なら両方の定義を与えることができ、Gmailでは、どちらかのラベルをクリックすればそのメッセージが表示される。

 しかし、Googleは、フォルダには1つのすばらしい長所があるという結論に達した。インボックスからメッセージを移動させれば、メッセージがファイルされるという点だ。現在、Gmailではまずラベルを貼り、別にアーカイブするというアクションが必要になる。だがGmail開発者のEmil Eklund氏のブログ記事によると、「Move to」という新しい機能により、2つのステップを組み合わせることができるという。

 「ラベル機能をどう活用するかはわかりにくく、特にGmailを初めて利用するユーザーがフォルダ機能に慣れている場合は難しい。よく利用されるタスクが必要以上に複雑になっているのであれば、なんの意味もない」とEklund氏は記している。

 Googleが米国時間2月3日に公開した最新のGmailインターフェースでは、上部に2つのボタンが追加されている。1つは「Move to」ボタンで、ユーザーは指定したメッセージにラベルをつけて保存できる。もう1つは「Labels」で、1つまたは複数のラベルをつけたいときに利用する。ショートカットを利用しているユーザーは、それぞれ「v」と「l」で各機能にアクセスできる。


posted by media_aidem at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。