2009年04月16日

MSN、検索の精度が問題なの!

Microsoft社の社員でさえ使わないMSN。
これではエンドユーザが使っている市場でシェアが伸びるわけありませんわな。


何が悪いんでしょう?
それではちょっと実験。下に3枚のサムネイルを貼りました、ざっとでいいのでクリックして眺めてみてください。ご覧のブログのタイトルにも使っている「今日のITニュース」というキーワードを使って代表的な検索エンジンで検索をしてみた結果です。


google.pngyahooJapan.pngmsn.png


ちなみにMSNでヒットしたページにはITニュースの掲載はありませんでした。
「IT」は英語で「それ」に該当してしまうので、検索エンジンで使うのは適切ではないなんて言われたのはもう以前の話・・・と思っていたらMSNでは今でも通用するようであります。


検索をかけるユーザ側のスキルも上がって、より少ないアクションで目的の情報へ到達できるようになってきているというのに最強のツールであるべき検索エンジンの検索精度が使えないくらい低いのではお話にもなりませんね。


検索エンジンの一定レベルにも達していないのにシェアがどうしたなんて話をしている、結局は呑気なんでしょうな。


MS検索事業の巻き返し策--「自社内でもグーグル利用が約半数」からの脱却

 Microsoftにとって、検索事業のシェア拡大は、グローバルな課題であるばかりでなく、同社内部の課題でもある。

 Microsoftは、同社の検索製品に5年の歳月と莫大な資金を費やしたにもかかわらず、人々にそのサービスを利用してもらう上で悪戦苦闘している。それは同社の従業員についても同じだ。MicrosoftのシニアバイスプレジデントであるYusuf Mehdi氏は、検索市場における同社のシェアは、社内でさえ嘆かわしい状況だと述べている。

 Mehdi氏は先週のインタビューで「これは事実だ」と語った。

 Microsoftのある社員は、およそ1年前の会議で、同社の検索トラフィックの5分の4がGoogleに流れていると聞いたことを振り返る。匿名希望のこの社員は、自分は「Live Search」を使用しているが、多くの同僚が依然としてGoogleを利用していることを明かした。


posted by media_aidem at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。