2009年04月21日

オラクルのサン買収で変わる勢力図

SunといえばSolaris、しかもOpen Solarisが最初に思い浮かびました。OracleはというとDatabaseが主力製品ですね。OSとデータベースの融合。しかも両者のマッチングも良好となれば、製品としても強力なモノになるのではないでしょうか?


摂政の段階で折り合いがあわなかったとはいえ、IBMという選択肢を蹴ったのも興味深い出来事です。
新生オラクルの今後の動向に注目しましょう。


オラクルのサン買収、MSとIBMには寝耳に水

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)であるSteve Ballmer氏をモスクワで取り囲んだ報道陣は、OracleがSun Microsystemsを74億ドルで買収することで合意に至ったとのニュースに対する、同氏の反応をキャッチしようと詰めかけた。

 しかしながら、めったにコメントで動じることがないBallmer氏には珍しく、明らかに同氏は、今回の件に関して、歯切れのよい感想を述べることすらできない状態であった。

 Ballmer氏は、モスクワで報道陣に対して、「この件に関しては、深く考えねばならない。非常に驚いているところだ」とのみ語ったと、Reutersは伝えている。

 今回のニュースに度肝を抜かれたのは、Ballmer氏だけではなかったようである。ある情報筋によれば、依然としてIBMは、Sunの買収をあきらめておらず、Oracleの動向は、まったくIBMにとって予期せぬものであったのだという。

 当然ながら、Oracleは、Ballmer氏が自ら2月のインタビューで指摘していたように、データベースおよびビジネスアプリケーション分野で、Microsoftにとっては大きな対抗企業である。独禁法違反をめぐる訴訟の和解で、2004年以来、MicrosoftとSunは、このところ技術的な分野での提携を強めてきたものの、やはりSunも、Microsoftにとって長年の対抗企業であることに変わりはない。

 今後数日または数週間で、この件に関しては、Ballmer氏から、もっと多くのコメントが得られるのではないかと考えている。


OracleがSunを買収、今年の夏には完了へ


posted by media_aidem at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。