2009年07月01日

Firefox3.5 ファーストインプレッション!

Firefox3.5が公約どおりリリースされました。
ウェブサイトの作成など仕事で使っているメインマシンであるUbuntu on 自作PCでは使っているアドオンが追いついてからアップデートするとして、すでにあまり灯を入れなくなりつつあるWindowsOSに早速インストール。


インストール完了後にFirefoxを立ち上げるとウェルカムメッセージのページが開きます。
そしてきっと誰もが試すだろうプラグイン不要のビデオ再生・・・これが重い(^^ ;)
リニューアルされた『Firefox 3.5 の灯 (ともしび)』を気になって見てみるとビカビカ光ってるので、動画再生がぎこちないのはトラフィックが非常に高くなっているせいかもしれません。

実際に一点ずつ利用しているアドオンの対応状況を見てみると

Gmail Space ~3.0
Mitter Toolbar ~3.0
Novell Moonlight 必要ないかも
Sage-Too ~3.0
Ubuntu Firefox Modifications デフォルト!消去可
WebDeveloper 本家(英語版は対応)
WOT ちょっと怪しい・・・

という結果です。
今のところWOTの対応次第でアップデートに踏み切るつもりでいます。


さて実際にFirefox3.5を動かしてみた感想ですが、謳い文句である”Firefox3の2倍以上のスピード”は体感できませんでした。これから使い込んでいくうちに、その良さも見えてくるのかも・・・とは思いますが、第一印象としてはちょっと拍子抜けしたというのが正直な感想だったりします。



モジラ、「Firefox 3.5」を正式リリース

 Mozillaが目指している「ウェブのアップグレード」を形にした「Firefox 3.5」が、WindowsおよびMac向けに正式リリースされた。

 Firefox 3.5では、いくつかの新機能が追加されている。たとえば、「Google Docs」のようなウェブアプリケーションの高速化に寄与する、新たなJavaScriptエンジン、プラグインなしで、ウェブページに組み込まれた動画を再生する機能、プライベートブラウジングモード、おしゃれなダウンロードフォント、ユーザーの現在位置をウェブサイト側に知らせる位置情報通知機能などが挙げられる。

 Mozillaの最高経営責任者(CEO)であるJohn Lilly氏は、「現在、ウェブ上では非常に多くのことが起きており、ブラウザにとっては絶好のチャンスである。Firefox 3.5では、最も革新的なウェブ技術が採用されており、その全てを最も完全で強力な最新のブラウザで提供する」との声明を出している。

 Firefox 3.5のリリースにより、Mozillaのプログラマーやオープンソースのサポーターは、新たなアップデートのリリース、新機能のサポートを組み込むようにウェブ開発者へ促すこと、「HTML5」などの新標準の策定を完了させることなどの段階に進むことも可能となる。

 Firefoxは、Microsoftによるブラウザ市場の支配を打ち砕いたものの、現在では、主にAppleの「Safari」とGoogleの「Chrome」からの厳しい挑戦に直面するようになっている。

 Mozillaは、オープンソースソフトウェアだからこその強みを活かした非常に幅広い分野での国際化を進め、70の言語でFirefox 3.5をリリースした。

 Mozillaは、2007年に7500万ドルの売上高を記録したものの、そのうち6600万ドルは、Googleの検索広告からの売り上げによるものである。

 太平洋夏時間午前9時31分更新:Mozillaは、リアルタイムにダウンロード状況を追跡可能なサイトを立ち上げた。本稿執筆時点で、世界では毎秒およそ80〜100件のダウンロードが記録されている。筆者は、1秒間に109件という最高ダウンロード件数を確認した。


posted by media_aidem at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。