2009年07月08日

Google Chrome OSはWindowsを凌駕できるか

Google謹製OSのリリースには慎重な立場を保っていたGoogleが、とうとう公式ブログで「Google Chrome OS」のリリースを発表しました。


自作パソコンを組み上げて、gOSもディストリビューションの選択肢にありました。Googleのサービスに特化しつつもgOSの語源は”GoogleOS”ではなく”GoodOS”とのことからインストールして利用するまでにはいたりませんでしたが・・・。


ChromeのLinux版を待ち望んでいたところにとどいたビッグニュース。
3か月後にリリースされるWindows7を意識して、このタイミングで発表したのでしょうか?
オープンソースのChrome OS、追加の情報がどんどん流れてくることを期待したいです。


Google、パソコン向けにオープンソースの新OS「Google Chrome OS」をリリースへ

Googleの公式ブログによると、Googleは独自ブラウザ「Google Chrome」を公開してから9ヶ月で少なくとも3000万人のユーザーを獲得したそうです。

そしてユーザーはGoogle Chromeを利用して情報の検索やニュースの閲覧、ショッピング、電子メールなどを利用していますが、現在利用されているパソコンのOSはウェブが無かった時代に設計されたものであるため、GoogleはGoogle Chromeを拡張するプロジェクトとして、新たに「Google Chrome Operating System(Google Chrome OS)」というOSを立ち上げるとのこと。

Google Chrome OSはオープンソースで開発が行われ、2〜3秒でウェブを利用できるようにするために軽量・簡素化されるほか、ユーザーがウイルスや有害ソフトなどの問題に悩まされずに済むように、セキュリティの仕組みを完全に再設計するとしており、2010年後半に低価格ミニノート「ネットブック」にプリインストールされて発売される見通しとなっています。

なお、このようなOSを作る理由として、Googleはユーザーが従来のようにパソコンの起動を待つことなく即座に電子メールを受信できるようになることや、パソコンを買った時と変わらないパフォーマンスでパソコンが動作すること、バックアップを必要とせず、いつどこにいても自分のデータにアクセス可能であることなどを望んでいるとしています。

ちなみに「Google Chrome OS」の追加情報の公開は秋になるそうです。


posted by media_aidem at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Google Chrome OSを読み解く4つのポイント 他
Excerpt: Google Chrome OSを読み解く4つのポイント ASCII.jp そしてもちろん、これらのアプリケーションは Google Chrome OS だけでなく、Windows、Mac、Linux..
Weblog: リナックスフリーク
Tracked: 2009-07-09 17:27
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。