2009年12月03日

グーグル謹製IM Google日本語入力ベータをリリース!

ニッチなところを突く事業は利益がとれるなんていいます。
Microsoftに対して正面から競争を挑めるような規模のGoogleは、ニッチなところを突かなくても十分戦えていると思っていましたが・・・。


MS-IMEの変換効率の悪さは、以前から言われていた羞恥の・・・いや、”衆知の事実”。きっとニッチを狙ったのではなくて、「ここがカユいんだろ?」とカユいところをかいてくれたんでしょう。


そういえば、快適な速度で使えているUbuntu9.10から標準となったIbus-anthyも、使い勝手が良くない様子。WindowsとMacだけなんて言わないで、Linux版も個人的にはお願いしたいなと、つい考えてしまいました。

グーグル、日本語入力ソフトのベータ版を公開

 グーグルは12月3日、日本語入力ソフトウェア「Google日本語入力ベータ」を公開した。Windows(現時点では32ビットのみ)、Macに対応する。豊富な語彙と強力なサジェスト機能で日本語入力をサポートしていくとのことだ。

 Google日本語入力は、ウェブから機械的・自動的に辞書を生成することで、人手ではカバーしきれないような、新語、専門用語、芸能人の名前などを網羅的に収録しているとのこと。ウェブ上の大量のデータから統計的言語モデルを構築し、変換エンジンを構成することで、高い変換精度を持つ。


posted by media_aidem at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。