2009年12月04日

地域限定禁煙マラソンとたばこ増税

禁煙に取り組む気もない人にとってはあまり関係のないサービスですか。たばこの増税は「国民の健康を守るため」なんて名目をつけながら、来年度税制改正で1本2〜3円程度の小幅な増税にとどめる方向で一致したそうです。

ゴンと値上げされちゃうのが禁煙のいいきっかけになるのでしょうけれど、急激な増税でたばこ人口が激減しちゃうのも歯止めしたいのでしょう。「国民の健康を守るため」といいつつ大事なのは税収を吸い上げることですから。

練馬区民限定なのが残念な下記に引用した禁煙アドバイスのニュース。
国さえも平気でまたぐボーダーレスのインターネットをつかって、ごく限られた区民へのサービスをしちゃうって使い方も変わっていて面白いです。

区民にメールで禁煙アドバイス--東京都練馬区がサービス開始

 禁煙に取り組む人向けに携帯電話のメールにアドバイスや応援メッセージなどを配信するサービス「禁煙マラソン」を東京都練馬区の保健所が開始した。

 禁煙マラソンは、奈良女子大学教授・同保健管理センター長で医学博士の高橋裕子氏が主宰し、全国の医療関係者や禁煙成功者などのボランティアが運営。登録者に6カ月間禁煙支援メールを定期的に配信するほか、禁煙に関するアドバイスや応援メッセージが届く掲示板を提供する。妊産婦や子育て中の女性向けには専用プログラムも用意されている。

 利用者は練馬区民限定で、料金は無料。利用方法は専用アドレスに空メールを送り、返信された案内メールに従って登録する。


posted by media_aidem at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。