2010年01月05日

GoogleChrome安定版は遅れる見込み

メインの環境で使っているLinuxでもさっそく試してみてGoogleChromeの驚異的なスピードに魅せられてしまったひとりです。

使い始めはあっけないほどシンプルですが、徐々に自分好みのウェブブラウザへとカスタマイズして使える点も好印象。GoogleChromeを実際に使い始めてまだ4週間ほどしか経過していませんが、Firefoxを押しのけてすでに筆者の環境では、既定のブラウザの座を奪取してしまいました。

Chromeの世界的シェアが上がって嬉しいニュースだと感じて読んでみたのですが、Chrome安定版が遅れる見込みであるという悲しいニュースを目にしてしまいました。

どうせまだベータ版なのだから、Windows版が先行リリースされたようにLinux版も単独で開発を進めていくという作業はできないのですかね?
いずれにしてもこのまま使いつづけるつもりではいますが・・・。

12月世界ブラウザシェア、「Chrome」が「Safari」を上回る--Net Applications調査

 Googleの「Chrome」ブラウザは一般公開から15カ月が経過した2009年12月、世界ブラウザ市場のユーザーシェアで「Safari」を上回った。

 ウェブ分析企業のNet Applicationsが、同社サービスを使ってウェブサイトネットワークにアクセスする月間1億6000万人のユーザーへの調査を基に発表した統計結果によれば、Chromeのシェアは3.9%から4.6%に急増したという。Safariのシェアは4.4%から4.5%に拡大した。

 Chromeのシェアが急激に拡大したのは、Googleが「Mac OS X」およびLinuxコンピュータ向けに最初のChromeベータバージョンをリリースしたためである。それまでは、開発者プレビューバージョンのみが公開されていた。

 12月の時点では、Googleは2010年1月12日に「Chrome 4.0」ベータバージョンを「安定バージョン」へ昇格させる予定だったが、現在、そのリリース予定日は「Chromium」の開発カレンダーから削除されている。この遅延の理由として、考えられることが1つある。Mac向けベータバージョンと現在のMac向け開発者プレビューバージョンは、新しいChrome 4.0の主要機能である拡張をまだサポートしていないのだ。つまり、ユーザーがある程度までブラウザの機能をカスタマイズできるようにするこの機能は、Mac OS Xマシン上での広範なテストがまだ行われていないのである。

 さらに、Net Applicationsの統計結果によれば、MicrosoftのInternet Explorer(IE)のシェア減少は依然として続いており、利用率は63.6%から62.7%へと低下した。IEが失ったシェアの大半は、2位の「Firefox」が奪っている。しかし、2009年11月から12月にかけて、Firefoxのシェアは24.7%から24.6%に減少した。

 Microsoft、そして2001年に初めてリリースされた「IE6」ブラウザのサポートを嫌うウェブ開発者にとって嬉しい知らせがある。「IE8」が旧バージョンのブラウザから徐々にシェアを奪い、最も多く使われているブラウザバージョンになろうとしている。

 IE8のシェアは2009年11月から12月にかけて、19.3%から20.9%に拡大した。その一方で、IE6のシェアは22.1%から21%に縮小した。

 1990年代の最初のブラウザ戦争で「Netscape」を打ち破った後、Microsoftは自己満足に陥ってしまった。しかし、Firefoxの登場と、ほかのブラウザのシェア拡大により、IEチームは再び精力的に活動するようになった。


posted by media_aidem at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。