2010年01月22日

Windows7は概ね好調?

まだ大型家電店の店頭デモでしか触ったことのないWindows 7ですが、なかなか好調の様子です。といっても元記事には『購入者の4人に3人』と記されているだけで、総数が書かれているわけではないのですが。


筆者は自作マシンにLinuxという環境を手にしているので今後自分のパソコンとしてWindowsを購入する機会は皆無ですが、パソコンの設置やメンテナンスを頼まれることが少なくないのでいつか触れるだろうと考えていました。


dell_desktopmodel.png
本日、やはり依頼されてデルのパソコンを1台ネット注文。
クライアント宅へ到着しだい設置する予定です。ようやく触れます。
いずれ姉妹ブログでレビューを公開しようと考えています。自分のパソコンでない分、客観的な目で見られると思いますのでしばしお待ちください。

デルを買うなら買物天国

Windows 7、4人中3人が「満足」--カカクコム調べ

 カカクコムは1月19日、価格.comリサーチが実施した「Windows 7購入状況調査」の結果を発表した。これはWindows 7の購入状況や満足度などを調べたもので、購入者の4人に3人が「満足」と回答しているという。

 Windows 7は2009年10月に発売され、年末商戦向け新モデルに多く搭載されている。調査結果によると、発売から2カ月が経過した時点での導入率は30.0%。カカクコムが2009年9月に実施したWindows 7発売直前の調査では、「発売から半年以内に購入する」と回答した人の割合が21.2%だったことから、当初の想定以上にWindows 7の導入が進んでいるようだ。また、Windows Vistaからのバージョンアップの割合が、Windows XPからのバージョンアップよりも多いという結果になった。

 導入時期は「発売当日」が32.8%と最も多く、「発売から1カ月以内」(24.8%)、「発売から2カ月以内」(18.6%)、「発売から1週間以内」(15.4%)と続いた。満足度では、「非常に満足」(28.7%)と「やや満足」(46.2%)を合わせ、74.9%が満足と回答した。逆に「やや不満」「非常に不満」と答えたユーザーは5.6%にとどまり、Windows 7の満足度はかなり高いようだ。

 機能ごとの満足度では、「体感速度」と「パフォーマンス」への評価が高い。逆に「ソフトや周辺機器の互換性」では不満を感じる人の割合が高かった。


posted by media_aidem at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。