2010年01月26日

Apple 次のターゲットは太陽?

実際に実用化するかはまた別の話なのかもしれませんが、Appleが次に目をつけたのは太陽のようです。

ただ太陽電池の試みは今始まったことではなくて、PowerBookG3世代の頃にも太陽電池モジュールがあったような記憶があります。(Appleじゃなくてサードパーティだったかな?)

iPodだと媒体自体が小さいので、内蔵ソーラーパネルが本当に機能するかどうかわかりません。でもそこはApple、経過を見守ることにしましょう。

アップル、ソーラーパネルを内蔵する電子機器を検討中か

 Appleは、「iPod」のエネルギー源として太陽に目を向けている。

 Appleの従業員が、組み込み型太陽電池を使って給電する電子機器に関連する特許を申請したことを、ウェブサイト「Patently Apple」が発見した。「Power Management Circuitry and Solar Cells(電源管理回路と太陽電池)」と題されたこの申請は、2008年8月に提出され、米国時間1月21日に正式公開された。

 ただしこれは、太陽光から電力を得る電子機器に関連してAppleが初めて申請した特許ではないようだ。2006年10月、今回の特許を申請した従業員たちの少なくとも1人によって、「Solar Cells on Portable Devices(携帯機器上の太陽電池)」と題した、より汎用的な特許が申請された。この申請が2008年に公開されたとき、元をたどるとAppleのiPod担当エンジニアに行き着いた。

 2006年の特許申請では、独立したソーラーパネルを組み合わせるのではなく、透明の太陽電池を表面に張りつけた、iPodのような小型の機器を想定している。

 今回公開された特許申請は、機器上の複数の太陽電池から供給される電流を管理する電気電子工学を取り扱っている。たとえば、この特許申請では、機器への電力供給や機器の電池充電のために、太陽電池から十分な電圧を確保する方法を概説している。


posted by media_aidem at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。