2010年02月17日

Google 日本語でもリアルタイム検索が可能に!

google_realtime.png
ニュース記事ではなく、明らかにターゲットはTwitterなのだろうなと思われるGoogleのリアルタイム検索です。

筆者はUbuntuを使っていてTwitterクライアントにはPeraPeraPrvを利用しているのですが、タイムラインを拾ってくるにはメニューで設定するか手動でやるかのどちらかとなっています。

Googleのリアルタイム検索を試してみると、そのまま”全自動”で更新されたツイートを拾ってくるというのは結構お手軽な気が。


半面、新しく立ち上げたウェブサイトをサイトの登録しておいても以前に比べてなかなかインデクスされなくなってしまった気もします。こちらは速度を測ったわけではなくて、あくまでもイメージですけれども。


なんにしてもGoogleは日常的に使う検索サービスなので、新しい機能が付加されていくのはうれしい限りなのです。

米グーグル、日本語でリアルタイム検索を可能に

 米グーグルの日本法人(東京都渋谷区)は16日、数分前に更新されたばかりのネット上の情報について検索ができる「リアルタイム検索」の日本語版サービスを始めたと発表した。新聞社などが発信する最新ニュースに加え、日本でも昨年から流行するミニブログ「ツイッター」のつぶやきなども瞬時に検索できるようにした。同社では「世界の検索サイトで初の機能」と強調し、ヤフーなど競合検索サイトとの差別化を図る。


記事本文の続き 同社のリアルタイム検索は昨年12月に英語版でサービスを開始。今回、新たに日本語版とロシア語版の提供が始まった形だ。更新されたばかりのネット情報を検索結果として求める利用者のニーズ(需要)や利便性に応える狙いもある。

 検索結果が反映されるスピードは、昨年段階で「(更新から)24時間以内」が速い水準だった。しかし、今回の新機能で「数十秒から数分以内」(同社日本法人の徳生健太郎・製品開発本部長)という水準まで検索技術を向上させたとしている。
posted by media_aidem at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141388950
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。