2010年03月12日

Windows2000 7月にサポート終了

メインで使っているシステムはUbuntuに移行しましたが、Windows2000で走るマシンもサブマシンとして利用しています。使い続けているメリットとしては、第一にOS自体が軽いことが挙げられます。作業にすぐに取りかかれるというのは、何よりも魅力。その点アプリの起動速度が短いというのも使い続けている理由の一つです。


起動が遅いという失点も電源を落とさず、休止状態にすることで回避できたしできればずっと使いつづけたいところなのですが・・・。SP4もとうとうサポート終了ですか。なんだかやるせないですね。


幸いXPや2003サーバーを搭載しているパソコンも所有しているので、Windows2kが走っているパソコンはサポート終了後には軽量のディストリビューションであるPuppy Linuxでもインストールしてみようと思います。
Windowsを使いつづける義理などまったくないのですから。


Windows 2000は7月13日でサポート終了、マイクロソフトが注意喚起 

 マイクロソフト株式会社は3月10日、2010年に製品サポートが終了する各製品について、注意喚起を行った。企業システムではまだ利用されていることの多いWindows 2000の延長サポートフェーズが7月13日(米国時間)に終了するほか、最新サービスパックが提供されているWindows XP Service Pack 2(SP2)や、Windows Vista RTM版(製品初期版)についても、それぞれサポート期間が終了する。
posted by media_aidem at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。