2010年03月18日

新しいIEはXPをサポートせず。まだIEを使いますか?

IE関連のニュースというと、脆弱性やセキュリティホールといった内容が大半だと思っていましたが、今回は新しいIE9リリースのニュース。


OS_lanking_201003.png
個人的な感覚ではすでにChromeやOperaからはぶっちぎられてはるか後方にいるというイメージがありますが、このブログを訪れてくださるユーザさんの大半はIEを使っているという結果をサムネイルが示しています。


使い慣れたXPの使い慣れたウェブブラウザがバージョンアップするとサポートがなくなるというのは、きっとショックな出来事だと思います。ただこのタイミングでFirefoxやGoogle Chromeに乗り換えてしまうのは、きっと良い判断なのではないでしょうか。


ちょうど春だし、心機一転新しいブラウザで!というのはいかがでしょう。
そして夏くらいには脱ウィンドウズも達成できていたりして。



IE9、Windows XPでは利用できず

 米Microsoftが次期版WebブラウザInternet Explorer(IE)9を披露したが、Windows XPユーザーは同ブラウザを使えないという。

 同社が3月16日に公開したIE9の開発者用プレビュー版は、Windows VistaとWindows 7にしかインストールできない。プレビュー版のFAQによると、IE9はWindows 7に搭載された新技術を活用したGPUアクセラレーション機能を備えており、この機能はVistaにのみ後方移植が可能という。この機能がVistaで導入されたディスプレイドライバモデル技術に依存しているからだ。

 また米メディアによると、MicrosoftのIE担当ジェネラルマネジャー、ディーン・ハチャモビッチ氏はMIXカンファレンスで、IE9は XPをサポートしないと認めたという。


タグ:microsoft
posted by media_aidem at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。