2010年04月07日

最新プロセッサ搭載 Endeavor MR6700 登場!

スペックを目で追ってみると、1Gバイトメモリの250GバイトHDDという点でやや非力ではないかと感じてしまいますが、65,000円のミニタワーはちょっと魅力です。


販売店で実際に見てパソコンを購入するスタイルから、パーツを揃えて自作するスタイルに変わってからショップ系やメーカー系を問わず、出来上がったパソコンを買う機会はないと思っていましたが、なかなかBTOもいいかもしれないと考えるようになりました。


エプソン、インテル最新プロセッサ搭載のミニタワーPC「Endeavor MR6700」

 エプソンダイレクトは4月6日、インテルの「Core i3/i5/i7」や「Pentium」を搭載できるミニタワーPC 「Endeavor MR6700」を発表した。同社のオンラインショッピングサイトとコールセンターを通じて、同日から販売を開始している。

 価格は、PentiumのG6950(2.8GHz)とCPU内蔵3Dグラフィックス、1Gバイトメモリ、250GバイトHDD、Windows 7 Home Premium 正規版の構成で、6万4890円となる。

 Endeavor MR6700は、チップセットにインテルの「H57 Express」を採用。2つのコアとメモリコントローラ、ビデオ機能をCPUに内蔵したCore i3/i5、4つのコアとメモリコントローラを内蔵したCore i7を選択できる。

 従来モデル「Endeavor MR6500」はCPU内蔵ビデオ機能に非対応のため、ビデオボードの搭載が必要だった。今回、CPU内蔵ビデオに対応したことで、低価格化したという。より高度な画像処理が必要な場合は、別途ビデオボードを搭載できる。

 本体ケースは、従来モデルのミニタワーケースを継承。HDDスウィングアクセスを搭載し、HDDやメモリの増設などケース内部のスムーズなメンテナンスを実現する。HDD専用ベイを3基搭載し、PCI Expressなどのオプションスロット4本はフルサイズの312mmのボード長に対応するなど、高い拡張性を備えている。また、マルチカードリーダーも備えた。


タグ:EPSON BTO
posted by media_aidem at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。