2010年05月08日

IEのシェアがジリジリ減少 p(^^)q

ヨーロッパを除いてはPCにバンドルされているIE。にも関わらずブラウザのシェアは落ち込みを見せているんですね。FirefoxやChromeにようやく競争力がついてきたように感じます。アンチMicrosoftの筆者としてはうれしい限り。それでもネットをうろついていると、IEでしか閲覧できないなんてコンテンツもまだ横行しています。

ウェブ製作側も、そろそろ気づかなければいけない時期にきているのかもしれませんね。


IEのシェア、減少続き60%切る

MicrosoftのInternet Explorer(IE)ブラウザの市場シェアは下降を続けており、ついに60%を割り込んだ。

 調査会社Net Applicationsによると、2010年4月のIEの市場シェアは59.95%。前月の60.65%を下回った。ライバルのFirefox、 Chrome、Safariはわずかにシェアを伸ばしている。


posted by media_aidem at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。