2010年05月12日

Google日本語入力がオープンソース化で登場!

月に一度の定例行事となりましたマイクロソフト5月の月例パッチ公開のアナウンスがあったようでありますが、やはり本日一番のニュースはGoogle 日本語入力のオープンソース化でしょうか。

Windows と Mac OS Xでは使えておりましたが、オープンソース化でLinux環境でも使えるめどが立ったようですね。まずはChromium OS用とのことですけれど・・・。

Ubuntuでは標準のIMがibus-anthyへと変更になりました。でも筆者にとっては、やっぱりscim-anthyが使い慣れているせいかわざわざ戻して利用しておりました(参照ページ)。UbuntuでももしGoogle 日本語入力の活用が可能なら、またひとつGoogleさんのお世話になることが増えるかもしれません。

話題のChrome(Chromium)OSもVmwareやVirtualBoxなど仮想環境ですでにテストが行える様子。IMだけじゃなくて新しいOSを試してみるのも楽しいかも。


グーグル、Google日本語入力をオープンソース化

 グーグルは5月11日、日本語入力ソフトウェア「Google 日本語入力」のソースコードをオープンソースとして、BSDライセンスで公開した。

 プロジェクト名は「Mozc(モズク)」で、現時点では、Chromium OS版の開発を目的として、Chromium OSで必要なソースコードのみが公開されている。ソースコードおよびビルド方法などの情報を、Mozcプロジェクトページから得ることができる。

 オープンソース版の辞書データは、ウェブデータから自動抽出された大規模語彙データが含まれないなど、Google 日本語入力で使用している辞書とは構成が異なる。


posted by media_aidem at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。