2010年09月16日

Ubuntu 10.10(Maverick Meerkat)β版が登場

メインマシンの環境はUbuntuからFedoraへとディストリビューションを移したのですが、なんとなく気になってUbuntu関連のtweetを眺めていいました。

Ubuntu 10.10(Maverick Meerkat)のベータ版がリリースされていたんですね。
タイムラインを眺めているとつぶやきを発しているのは、ほとんどが外国の方々なのでおおまかなニュアンスしか伝わってこないのですが残念です。


過去にアップしたブログ記事を調べてみますと、Ubuntu 10.04の時は待ちきれなくてβ版インストールしてたみたい。どうしようかな・・・あっちこっちふらふらしてて節操ない気が自分でもしていますが、Maverick Meerkatでは"少し過激"に変化するような話もありますから・・・とりあえずデータのバックアップだけでもしておこうかなと思います(^^ ;)

Ubuntuプロジェクト、「Ubuntu 10.10」ベータ版をリリース

 Ubuntuプロジェクトは現地時間9月2日、「Ubuntu 10.10」(コード名「Maverick Meerkat」)のベータ版をリリースした。安定版は10月10日にリリースされる予定だ。

 Ubuntu 10.10は、このオープンソースOSのメジャーアップデートで、マルチタッチのサポートなどが含まれている。ただし、デスクトップ環境を「GNOME 3.0」にアップデートするという計画は撤回され、「GNOME 2.31」へのアップデートとなった。

 デスクトップ版のUbuntu 10.10では、多くのソフトウェアが変更されている。写真管理ソフトウェアは「F-Spot」から「Shotwell」に替わり、マイクロブログクライアント「Gribber」はTwitterのOAuth認証に対応した。また、Ubuntuソフトウェアセンターのユーザーインターフェースもアップデートされた。一方、ネットブック版では、ネットブックOS「Jolicloud」に似た「Unity」インターフェースがデフォルトになった。

 Ubuntuの現在の長期サポート(LTS)版は「Ubuntu 10.04」(コード名「Lucid Lynx」)だ。Maverick Meerkatの後のメジャーアップデートは「Ubuntu 11.04」(コード名「Natty Narwhal」)となる。Natty NarwhalではGNOME 3.0にアップデートされると予想されている。


posted by media_aidem at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。