2011年02月17日

本の電子化 300円なり

iPadを皮切りに登場したタブレットデバイスで”読み手”のインフラは整ったのですが、出版社側のサービス展開が追い付いていなかったことを背景にブームとなりつつある”自炊”。本の電子化で本業界もペーパーレスに拍車がかかるのかと個人的には考えていたのですが、こんな方向へ進むとはちょっと予想ができませんでした。


筆者は件のタブレットデバイスを所有していないため手持ちの本を電子化したいという衝動もなく楽しさもわかりません。逆にいまだに本は紙ベースでという感覚が強いのですが、考え方が堅いのでしょうか。


興味が湧いたので調べてみると、裁断機とスキャナーを購入しようとするとあわせて5万円ちょっとかかります。
TSUTAYAの始めた「1冊300円」のサービスは、妥当なセンですね。本来出版社側の対応が進んでいたら、すっ飛ばされる業態ですから。

TSUTAYAで裁断機とスキャナー貸し出し 1冊300円で“自炊”可能に

 カルチュア・コンビニエンス・クラブはこのほど、「TSUTAYA 横浜みなとみらい店」(神奈川県横浜市)で、書籍の裁断機とスキャナーを店頭で貸し出すサービスを始めた。客が書籍を持ち込み、データ化できる。スキャナー貸し出しは「枚方市駅前店ゲーム館」(大阪府枚方市)に次ぐ2店舗目。

 店内のスキャナーを1冊300円で貸し出し、裁断済みの書籍をユーザー自身がデータ化し、記録メディアなどに保存して持ち帰ることができる。裁断機も無料で貸し出しており、TSUTAYAで買った書籍をその場で“自炊”することも可能だ。

 昨年10月に枚方市駅前店ゲーム館でスタートし、横浜みなとみらい店では2月10日に始めた。「実験的なサービス」(同社広報担当)という位置づけで、他店舗への拡大は考えていないという。


こんなニュースも
はじめて本を自炊してみたよ
米大手書店チェーンBordersが破産法適用申請


posted by media_aidem at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。