2011年03月09日

次期Ubuntuに暗雲

リリースまで約7週間と迫ったUbuntuの次期バーション 11.04(Natty Narwhal)。
速い段階からデフォルトUIとしてUnityを採用するとアナウンスがありましたが、以来戦々恐々とした空気が流れております。そしてこの記事。


現在利用しているUbuntu 10.10(Maverick Meerkat)はかなり快適。
当初からテスト用につくってある空き領域を利用して11.04をインストールする気でおりますが、定着して使うかは実際に触ったフィーリングで決めたいなと考えつつ、思わずUbuntu 10.10のサポート期限を調べてしまいました。


思えばUbuntu 9.04が自作マシンにマッチしなかったのか、どうも重くて8.04 LTSにダウングレードして使い続けたこともありました。いずれ「Unityはやっぱりやめました」と決まればいいのですが・・・。


ともかく筆者は「利用させてもらう」という立ち位置なので、まずはドキドキしながら来月末に予定されているUbuntu 11.04のリリースを待とうと思います。


「GNOME Shell」対「Ubuntu Unity」:勝つのはどちらか

 「GNOME Shell」も「Ubuntu Unity」も、その全貌が見え始めている。これら2つの新たなデスクトップは、良くも悪くもユーザーからさまざまな反応を引き起こすだろう。しかし最後には、これらのデスクトップのどちらかが勝利を収めることになる。勝つのはどちらだろうか?ここでは、この2つを比較し、GNOME ShellとUbuntu Unityの将来を占ってみたい。

第一印象

 まず、ユーザーが第一印象でどう感じるかを検討してみる。ここでは、ユーザーはどちらのデスクトップについても事前知識がないと考えよう。彼らはどんな反応を見せるだろうか。2つのデスクトップを比べてもらえれば(図Aおよび図B)、わたしと同じ結論に至る人もいるだろう。第一印象では、Ubuntu Unityの方が新しいユーザーには扱いやすい。なぜなら、新規ユーザーは画面の左上にマウスカーソルを持っていくという操作や、ランチャーメニューを開くにはActivitiesボタンをクリックすればいいといったことを、一目で理解することはないからだ。Unityの場合、ランチャーはデスクトップ上に表示されており、クリックすれば使えるようになっている。(後略)


posted by media_aidem at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。