2011年04月08日

マイクロソフトの作る車で湧いたイメージ

ひょんなことから発売して間もないメルセデス・ベンツを運転できる機会に恵まれました。
約2時間ほどのドライブで感じたのは、静粛性と乗り心地の良さ・扱いやすさでした。ドライバーのことを細やかにサポートしてるなという、かなりの好印象でありました。


さて、トヨタとマイクロソフトが「未来の車」を作るべく業務提携を結んだというニュースであります。
例にあげたメルセデス・ベンツとは逆に扱いやすいなどとこれっぽちも感じたことのないマイクロソフト・・・個人的なイメージとしては・・・

20110408.jpg


こんなアラートを多発して、最後はブルースクリーンになるのではないかという危惧しかありません。まぁ、トヨタ車には乗りませんけど。


トヨタとマイクロソフト、ITで提携発表「未来の車」つくる

トヨタ自動車と米マイクロソフト(MS)は6日、IT(情報通信)事業で提携したと正式発表した。トヨタは高い技術力を持つMSと提携することで、自動車のIT戦略推進を鮮明に出す。MSも自動車業界大手のトヨタと組むことで、今後拡大が見込める次世代自動車向けシステムの分野を強化する

 同日、米ワシントン州のMS本社で、インターネット経由による両社の共同会見が行われた。トヨタの豊田章男社長は「業界大手の2社の協力で、どんな未来の車ができあがるか楽しみだ」と述べた。MSのスティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)は「トヨタはMSと組むことで自動車のIT化を170カ国で進めることができる」と強調した。

 トヨタとMSは、トヨタ子会社のトヨタメディアサービス(名古屋市)が7月までに実施する10億円の資本増強に応じる。出資割合などは今後詰める。トヨタは2012年に市販予定の電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)に、情報を配信するMSのソフトを採用する。

 トヨタによると、運転者が機械に向かって声で指示するだけで渋滞情報や周辺店舗の情報などを入手できる機能や、EV充電施設までの効率的なルートを検索できる機能などが想定されている。


posted by media_aidem at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。