2011年04月14日

マイクロソフト”今月の月例パッチ”とUltimate Edition

記事を書いているUbuntuマシンのとなりで、あまり灯を入れないWindowsマシンを起動しMSから公表された月例パッチをインストールしています.アナウンスでは過去最多の17件とありますが、アップデートでは19件・・・?
大切な作業であるというのは認識しているつもりなので、忘れているなんてことはないと思うので・・・なんかイヤだな。


同日に公開された次期バージョンInternet Explorer 10についてはWindowsXPにはインストールできないとのこと。今更になりますが、長期間サポートされてきたXPも切り捨ての対象になってきているということでありましょうか。


捨てる神あれば・・・というわけではありませんが、Ubuntuの派生ディストリビューションであるUltimate Edition 2.9を試してみました(詳細はこちら)。「Ultimate」という名称をつけるだけあって、アプリケーションがはじめからてんこ盛りとなっていてビギナーでも手軽に導入できるようになっています。


・・・Microsoft Updateがまだ終わらない。
こんな煩わしさから開放されたいと考えてるあなた、DVD-Rを1枚用意してまずは”Live”で試してみてはいかがでしょう?


MSが月例セキュリティ情報を公開−−過去最多の17件、うち9件は「緊急」

 米Microsoftは4月12日(日本時間13日)、予告通りに17件のセキュリティ情報を公開し、WindowsやInternet Explorer(IE)に存在する合計64件の脆弱性に対処した。

 同社によると、17件のセキュリティ情報のうち、総合的な深刻度が最も高い「緊急」レベルは9件に上る。中でもIE用の累積的なセキュリティ更新プログラム(MS11-018)とSMBクライアントの脆弱性に対処した更新プログラム(MS11-019)、SMBサーバの脆弱性に対処した更新プログラム(MS11-020)の3件は、最優先での適用を勧告した。いずれも悪用可能性指標は最も高い「1」と評価し、安定した攻撃コードが出現する可能性が高いとされる。

 MS11-018で対処したIEの脆弱性5件のうち1件は、事前に情報が公開され、Microsoftは「限定的な標的型攻撃」の発生を確認している。3月に開かれたハッキングコンテスト「Pwn2Own」でもこれら脆弱性を突いてIEが破られた。なお、IE 9はいずれの脆弱性の影響も受けないとしている。


posted by media_aidem at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。