2011年04月26日

IE9登場よりUbuntu 11.04

IE9の日本語版が遅ればせながら登場。
PC環境をほぼLinuxへシフトしてしまったため、うちにあるWindows環境の最新がXPなので試すことはできませんが、そもそもWindowsユーザはIE9の登場を喜んでいるのでしょうか?


Microsoftは勝手に”葬儀”を済ませて切り捨てたいようですが、XPにプリインストールされているIE6を現在でも使っている方を結構な頻度でお見受けします。7だ8だとバージョンを区切らず、Google Chromeみたく特にメッセージも出さずに新しいバージョンへと更新される方が、よっぽどユーザーフレンドリーだと思いますけどね。


リリースのニュースを伝えている元記事も使用感などにはまったく触れず、淡々と事務的にお伝えしているようですが、特に革新的なアップグレードも見当たらない様子。
そもそもリリースされたからと言って勇んでアップデートをかけるとしっぺ返しを食らったりしますから、バージョンアップはまわりの様子を睨みつつ慎重に行なってください。


こんなことよりUbuntuユーザには大きなイベントが数日後に差し迫っていますね。
Ubuntu 11.04の先取りレビューを姉妹サイトで行なっています。
今回のバージョンからインターフェースが様変わり。
いろいろと試してはいるのですが・・・。

現在だと次の方法でβ2にシステムをアップグレードできるようです。

Alt+F2で出てくるウィンドウにupdate-manager -d


こちらも取扱に注意し、慎重に行なってくださいね。

「Internet Explorer 9(IE9)」の日本語版がついに配信開始、さっそくダウンロードしてみた

当初は3月15日13:00から提供開始される予定だったものの、東日本大震災の影響を受けて日本語版のみ配信が延期されていたマイクロソフトの最新ブラウザ「Internet Explorer9(IE9)」の正式版がついにダウンロード可能になりました。

「より高速で効率的なブラウジング作業を実現」「ハードウェアの有効活用により消費電力の効率が改善」「Windows 7のユーザーインターフェースに最適化」「 安全性、プライバシーの向上 」などなど、これまでの機能はよりブラッシュアップされ、さらに新たな機能が追加されたブラウザとなっているそうです。


posted by media_aidem at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。