2011年05月20日

パソコンの今後の展望

ipadや他のタブレットPCの爆発的な売れ行き、ガラケーではなくスマートフォンへのシフトする様子を見ていれば、容易に想像できる未来図といった感がありますが“ポストPC時代”だそうです。近い将来このような形になりそうな勢いはヒシヒシと感じますね。


パーソナルユースやエンドユーザだと”ユビキタスでカジュアル”になっていくかもしれませんが、ヘビーユーザやコンテンツを創りだす側は変わらないのかもしれません。ある程度のスペックがあるタワー型のデスクトップPCに作業効率の良い大きなモニターはもちろん据え置きで。


たまにパソコンの前を離れて打ち合わせをしたり、外出している時にケータイに入るメールが筆者はかなり煩わしく感じます。携帯メールがあまり得意ではないということもありますが、ずっと何かに追いかけられているような、見えない足枷がついていてつながれているような印象が強いです。


ユビキタス、一見便利そうですけど個人的にはそんなに欲しくないかも・・・。


“ポストPC時代”はPCの死ではない――米Forrester予測

 “ポストPC(PC後)時代”はPCの絶滅を意味するのではなく、コンピューティング体験がユビキタスに、カジュアルに、身近になるソーシャルで技術的な時代のことだ――。米調査会社Forrester Researchのアナリスト、サラ・ロットマン・エップス氏がPCの今後に関する展望を語った。

 Forresterは1月に、2015年には米国の消費者の3人に1人に当たる8200万人がタブレットを利用するようになるという予測を発表している。この時点でのノートPC所有者数はそれを上回る1億4000万人と予測しているが、コンピューティング体験の質が以下のように変化するという。
静から動へ

 デスクトップPCでの固定された体験から、スマートフォンやタブレットによる「いつでも・どこでも」使えるユビキタスな体験に変化する。端末に搭載された加速度計、ジャイロスコープ、位置情報取得機能がこうした体験を支援する。
フォーマルからカジュアルへ

 PCは意識的に起動し、シャットダウンするものだが、スマートフォンやタブレットは電源を入れたまま(スリープ状態から)すぐに起動できるため、行列での順番待ちやテレビ視聴時などでの「ながら」利用が増える。
より物理的に身近に

 デスクトップPCは手を伸ばして触れる距離にあるものだが、ノートPC、Netbook、タブレットは物理的にもっと身近なものだ。ユーザーがこれらの端末を家庭で使う場合、最も多いのはリビングルームで、次は寝室となっている。
抽象的操作から身体的操作へ

 マウスやキーボードによる操作は抽象的なものだが、スマートフォンやタブレットのタッチスクリーンでの操作は一般的な操作により近い。米MicrosoftのXbox 360向けセンサー端末Kinectによる操作は、この方向をさらに進めたものだ。

 こうしたコンピューティング体験の変化はSDD、Wi-Fiや携帯ネットワーク、クラウドサービスに支えられ、ソーシャルネットワーキングをさらに発展させていくとロットマン・エップス氏は説明する。仕事とプライベートの境が曖昧になるにつれ、仕事でもプライベートでも使える端末への需要が高まると指摘している。

 ポストPC時代でもPCは生き続け、米Appleの新型MacBook AIRや韓国のSamsung製Series 9がその方向を示していると同氏は言う。PCは死なないがスマートフォンやタブレットがPCの役割を侵食し、Kinectのような装着式周辺機器が台頭するという。


posted by media_aidem at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。