2011年07月30日

スマートフォンのメーカー別シェア

"デスクトップ・パソコン"が売れなくなってきたという話をよく耳にするようになりました。
スマートフォンやタブレットデバイスが急激に増加・普及し、ビジネスユースではノートパソコンが主役の座にあるからなのだとか。ひょっとしたらCGなどクオリティの高いマルチメディア系の仕事場でしかデスクトップPCにお目にかかれないなんて時代がいずれ来るのかもしれませんね。


本日取り上げるのは、ビジネスシーンで活躍中のモバイルデバイス”スマホ”のシェアについてです。メーカー別ではAppleがOSではGoogleのAndroidに軍配。この結果は両社の戦略からなるのですが、ITの世界では1位以外はその他でひと括り。今後もますます闘いは激化するのではないでしょうか。


個人的には必要に迫られないのでスマートフォンには食指が動きませんが、実際買うんだったらどっちかなぁ・・・。


スマートフォンのメーカー別シェア1位はApple、2位はHTC――Nielsenの米市場調査

 米調査会社Nielsenが7月28日(現地時間)に発表した月例の米スマートフォン市場に関する調査報告では、OS別のシェアでは引き続き米GoogleのAndroidが首位を占め、米AppleのiOSが2位だった。それぞれ前月より1ポイントずつシェアを伸ばしている。

 Androidが39%、iOSが28%で、カナダのResearch In Motion(RIM)のBlackBerryが3位(20%)、米MicrosoftのWindows MobileおよびWindows Phoneが4位(9%)と順位に変化はなかった。RIMは前月より1ポイント減り、Microsoftは横ばいだった。なお、Windows MobileとWindows Phoneの内訳は不明。

 シェアをメーカー別で見ると、Appleが1位だ。RIMと、AndroidとMicrosoftのOS搭載端末を販売している台湾のHTCが同率(20%)の2位、Android端末を販売する米Motorolaが11%で3位、AndroidとMicrosoft端末を販売する韓国のSamsungが4位だった。


posted by media_aidem at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。