2011年08月15日

次期Firefoxのアドオン強化はユーザ自身ができるように

FirefoxのAurora版といいますから、近未来に実装される技術でしょうか。
メジャーアップデートの頻度を上げて数々のアドオンを置き去りにするだけでは足りないのか、今度はエンドユーザによるアドオン管理を強めるという方向にシフトしていくようです。


気になったのは元記事中 サードパーティーのアプリケーションをインストールする過程で導入されるもの という部分。”筆者の環境ではAll in One Sidebar”というアドオンを入れて視覚的に管理しているし、そんな知らない間に増えちゃったアドオンなんてないはず・・・と再確認してみると、なにやら見たこともないアドオンがひとつありました。


詳細ボタンをクリックしてオフィシャルサイトへ飛んでみたのですが、英語表記でよくわからない状態。検索してみるといくつかのトラブルを引き起こしているとのことなので、念の為無効化にしておくことに。


実際に直面してみてアドオン管理強化のための新機能は有効かもしれないと実感。
Firefoxユーザのあなたは時間があるときになんて考えず、今すぐ使っているアドオンを検証してみることをおすすめします。


Firefoxにアドオン管理を強化する新機能、ユーザーの許可を得ないアドオンは無効に

 Webブラウザ「Firefox」にインストールされたサードパーティーのアドオンのためにFirefoxの動作が遅くなったり脆弱性が生じたりしている問題に対応して、Mozillaはユーザーによるアドオン管理強化のための新機能を導入すると発表した。

 MozillaのAdd-onsブログによると、Firefoxのアドオンはユーザーが自分でインストールするもののほかに、サードパーティーのアプリケーションをインストールする過程で導入されるものもある。こうしたアドオンの中にはユーザーに確認することなく導入されるものもあり、そのせいでFirefoxの起動や読み込みが遅くなったりセキュリティアップデートが追い付かないなどの問題が生じ、ユーザーがアドオンをコントロールし切れない原因にもなっていた。

 そうした問題に対応するために、今後はサードパーティーのアドオンをインストールするかどうかをユーザーが選べる機能を導入する。この機能では、Firefoxを起動した時に、サードパーティープログラムによってインストールされたアドオンを認識すると、そのアドオンをいったん無効化し、インストールを許可するかどうかユーザーに尋ねる画面を表示する。この画面で「インストールを許可する」にチェックを入れるとアドオンが有効になる。

 さらに、過去にインストールしたアドオンをチェックしてもらうため、Firefoxを次のバージョンにアップグレードする際には、現在インストールされているアドオンの一覧を表示して、キープしたいアドオンを選択できるようにする。

 この選択画面では、ユーザーが自分でFirefoxからインストールしたアドオンはすべて「キープする」にチェックが入っているが、サードパーティーアプリケーションによってインストールされたアドオンは、ユーザーが自分でチェックを入れない限り無効になる。

 新機能はFirefoxの「Aurora」版で8月15日の週から提供を開始する予定。


posted by media_aidem at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。