2011年10月12日

Google謹製新言語「Dart」が登場

以前リリースされた、Google発の新しいプログラミング言語”Go言語”というのがありました。筆者はコンピュータ関連の雑誌でその存在を知ったのですが、関連書籍もほとんどなく浸透しないのかなと考えていました。


そんな折りまたもや新言語「Dart」の登場。
Go言語はコンパイルが必要だったからDartはインタプリタなのかなと思ったら、コンパイラでJavaScriptに変換?だったら最初からJavaScriptで記述すれば良さそうな気が・・・。


Web標準となるのがわかっているなら手を出したいところですが、しばらく様子見が必要かもしれませんね。


最近はHTML5などに着手しています。
試しに”audio”要素ひとつ見てもブラウザごとに再生できるコーデックがまちまちな状態。
奇をてらった新しい技術も魅力を感じて飛びついちゃったりしがちですが、標準をカッチリ固めて欲しいというのがホンネです。


Google、Webアプリ開発向け新言語「Dart」を発表

 米Googleは10月10日(現地時間)、新たなプログラミング言語「Dart」を発表した。構造化されたWebアプリの構築に適しているという。専用ページで早期プレビュー版のドキュメントやコードサンプルが閲覧できる。

 Googleは、Dartで構造的でかつフレキシブルな言語を目指す。開発者にとって、親しみやすく、自然な操作性を持たせ、簡単に学べるものにし、モバイル端末やサーバでの実行でも高性能を発揮するWebアプリを構築できる言語にしたいとしている。DartはBSDライセンスの下、オープンソースでリリースされた。

 実行方法は2つあり、Webブラウザ上のネイティブな仮想マシン(VM)で実行するか、コンパイラでJavaScriptに変換して実行する。Googleは、ChromeブラウザにDart VMを搭載する計画だ。


posted by media_aidem at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。