2011年10月27日

Windows XPはいまだシェアトップ!Microsoftはすごいかそれともへなちょこか?

電気量販店やパソコンショップを覗いてみると、パソコンの価格がかなり下がっていることに驚かされます。メーカー系のパソコンがこんなに手頃になってきているのですから、ショップ系パソコンはBTOに注力し、価格面でも考えていかないとかなり辛いのではないでしょうか?パーツを選んで組み立てる”自作組”も割安感はかなり薄れてきています。


こんな状況にも関わらず、まだWindows XPなんですね。
ちょうど昨日パソコン雑誌を整理したのですが、2005年前後でさえかなり古臭く感じます。特にスマートフォンなんてレトロ感が強烈でなんだか笑っちうくらい。iPhone登場前だからかもしれません。改めてスティーブ・ジョブスの功績を考えてしまいました。

それでも2005年はまだ6年前。2005年よりもさらに4年前というと・・・。

Windows XPを世に出したMicrosoftもすごいのかもしれません。
ただ10年前の製品を超えることすらできないへなちょこもまたMicrosoftなんですよね。

「Microsoft Windows XP」が発売10周年 いまだOSシェアでトップ

 米Microsoftの「Windows XP」が10月25日(現地時間)、発売10周年を迎えた。同社は公式ブログで、この10年で世の中がいかに変わったかを振り返り、Windows 7への移行を促すインフォグラフィックを紹介した。

 分析会社Net Applicationsによると、2011年9月時点の世界のOSシェアでWindows XPが47.29%でいまだに首位にあり、現行の最新OSである「Windows 7」は30.36%の2位だ。Windows 7は10月22日で2周年を迎えた。

 Microsoftはブログで「Windows XPは発売当時は先駆的だったが、業務の本質は変化しており、企業はWindows 7に移行することでより多くを得られる」と説明する。

 同社はWindows XPのサービスパック(SP)のサポートを既に終了しており、Windows XPの各エディションの延長サポートは2014年4月8日に終了する予定だ。

 Microsoftの次期OSである「Windows 8(コードネーム)」は2012年に発売される見込み。
posted by media_aidem at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/232288188
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。