2011年12月13日

Google Chromeが最も安全? 三大Webブラウザのセキュリティ調査

Chrome、IE、Firefoxという三大Webブラウザのセキュリティに関する調査で、Google Chromeが最も安全で、問題が多かったのはFirefoxという結果になりました。
「前のバージョンより○倍速くなりました!」というのはあまりアテにはならないなと感じていたところですので、第三者(Google出資というのはちょっとひっかかりますが)が下した裁定は評価できるかもしれませんね。

IEについてはほとんど使った経験がないため状況さえわかりませんが、ChromeとFirefoxには機能拡張やアドオンといった、本来ウェブブラウザが持つ機能を拡張・補完するパーツがあります。このあたりを加味してもFirefoxが最下位なんでしょうかねぇ?

いろいろ考えつつ元記事を読んでいたのですが、最後の一文でズッコケました。
ここから引用います。

「なお、米NSS Labsの調査では、マルウェア対策機能の評価およびソーシャルエンジニアリング型マルウェアに対する防御率で最も評価が高かったのはIE 9だった。NSS LabsにはMicrosoftが出資している。」

やっぱり出資者に日和っちゃう・・・。
完全に独立した柵(しがらみ)のない立場で、同じ調査を是非やってほしいですね。


Google Chromeが最も安全なWebブラウザ――Accuvant LABS調べ

 セキュリティコンサルティング企業の米Accuvant LABSが12月9日(現地時間)に発表したWebブラウザのセキュリティに関する調査結果によると、米GoogleのGoogle Chromeが最も安全なブラウザだという結論に達したという。

 この調査では、Google Chrome、米MicrosoftのInternet Explorer(IE)、MozillaのFirefoxに関し、複数の観点から安全性を比較した。従来の調査に多い、脆弱性の報告数やURLブラックリストの比較ではなく、脆弱性攻撃への対抗策の分析・比較に重点を置いたという。
posted by media_aidem at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。