2012年04月16日

Windows XPとOffice 2003 サポート終了のカウントダウン開始

Windows VistaはともかくXPはとても使いやすいです・・・今更ですが。
カスタマイズしていろんなモノをハズしてあげると、非常にサクサクと動きます。ハードディスクにいろんなモノを入れたままにしておかないこともWindows XPを軽快に使う一つのテクニックのようです。VinstaからXPにダウングレードして使い始めたのが昨年11月。この環境があと2年弱しかサポートがないとは・・・最初からわかってはいたものの寂しい限りであります。

半年に一度アップグレードされるのに無料で”使わせていただけるLinux”。時期が来るたびにワクワクしてβ版を試しています。まるっきり正反対で直接金とって商売してるくせに、何がサポート終了だ!と腹立たしさしか感じないのはなぜなのでしょう?

XPばかりでなく一緒にサポート対象から外れるOffice 2003。
これをきっかけにオープンソースのオフィスアプリにシフトしないと、2007からは悪名高きリボンインターフェースです。使い続けるなら慣れておかないと、生産性が下がるので注意が必要です。

文中のリンクで公開しているノートパソコンはスペック的にはまだまだイケるので、多分再来年の今頃はLinuxの軽そうなディストリをみつけて入れ替えをしているはず。

数十台〜数百台規模でパソコンを使っている事業所の方、設備投資費用がたいへんでしょう(^^ ;)
ところで、次もまだ "Windows" ですか?


Windows XPとOffice 2003のサポート終了まで2年、Vistaは延長サポート期間に

 米Microsoftは4月10日の月例セキュリティ情報公開に合わせて、2年後に迫ったWindows XPとOffice 2003のサポート打ち切りを予告するカウントダウンを開始した。また、Windows Vistaは4月10日でメインストリームサポートが終了している。

 同社によると、Windows XPとOffice 2003のサポートは2014年4月8日で終了する予定。企業などでは移行に時間がかかることを見越して、WindowsとOfficeの最新バージョンへの移行に向けた準備に入るよう促している。

 「WindowsとOfficeの次のバージョンが出るまでアップグレードを待つべきかと自問しているユーザーもいるかもしれないが、待つことは勧めない」とMicrosoftは強調。サポートの期限が切れる前に移行を済ませておくことが重要であり、Windows 7とOffice 2010に移行すれば将来バージョンに向けた基礎固めもできるとしている。

 一方、Windows Vistaは4月10日でメインストリームサポートが終了し、延長サポートに移行した。今後もセキュリティ更新プログラムや有償サポートの提供は続けられるが、不具合修正などの更新プログラム提供は打ち切られる。延長サポートの期間は2017年4月11日まで。
posted by media_aidem at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。