2012年04月17日

Windows 8 正式名称として採用

今更感がありますが、Microsoft謹製の次期OSの名称がWindows 8となったそうです。
「7の次なんだから8だろ?」というのはこちら側の安直な意見で、実際にはネーミングを決めるに際して相当ひねり出したのでしょうか?

Windows 8 のリリース時期については、公式には未定としているところと今年の暮れ(2012年の第3四半期)と具体的に明示しているところがあります。毎度のことながら実際に店頭に並ぶまではわかりませんが・・・。

筆者の身近な人は、ほとんどWindows7を購入して落ち着いちゃった感がありますので、残念ながら発売されても当分触れてみる機会はなさそうです。

Microsoftの次期OSの正式名称が「Windows 8」で確定、全4エディションを発売

3月1日にConsumer Previewがリリースされたマイクロソフトの次期OS「Windows 8」の正式名称が、そのまま「Windows 8」となりました。

Windows 7の後継OSであるWindows 8では、まずx86プロセッサ用搭載のPCやタブレット向けに「Windows 8」と「Windows 8 Pro」の2種類のエディションが発売されます(32ビット版/64ビット版)。多くのユーザーが購入することになるのは「Windows 8」で、中国や新興市場向けには現地語のみをインストールしたタイプも用意されます。「Windows 8 Pro」は技術者やビジネス用途向けとなり、暗号化、仮想化、PC管理やドメイン接続、Windows Media Centerなどの機能が搭載されます。

「Windows 7 Starter」「Windows 7 Home Basic」「Windows 7 Home Premium」からは8と8 Proの両方へのアップグレードが可能、「Windows 7 Professional」「Windows 7 Ultimate」からは8 Proへのアップグレードが可能です。
posted by media_aidem at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。