2012年04月26日

Windows 8 Release Previewは6月にお披露目

Windows 8の正式リリースは、やはり今年の暮れだそうです。
Release Preview・・・バグの可能性をいくつか残してのリリースが6月で正式版が年末と、仕上げの作業に実に半年以上もかかる計算になります。UbuntuやFedoraといった速いサイクルでリリースされるLinuxのディストリならバージョンは2つ上がるのに。

オープンソースではなくて有料ですから、このくらいのスピードが丁度いいのでしょうか?

Windows 8の「Release Preview」版は6月第1週に公開

 米MicrosoftのWindows担当社長、スティーブン・シノフスキー氏が4月24日、都内で講演し、Windows 8の正式リリース前の最新版となる「Release Preview」(RP)版を6月第1週に公開する予定を明らかにした。

 同OSは2月29日(現地時間)に「Consumer Preview」版が一般公開されている。RP版はさらに一歩製品版に近づいたバージョンで、「RTM」(製造工程向けリリース)の前の段階となる。従来は「Release Candidate」(RC:リリース候補)と呼んでいたバージョンを新たにRPという名称にしたようだ。

 シノフスキー氏は「Windows Developer Days」に合わせて来日。「重要な発表を日本で行うことが大好きだ」とRP版の公開スケジュールを明らかにした。

 このほど「Windows 8」が正式名称と決まり、同OSは今年の年末商戦向けに発売されるとみられている。
posted by media_aidem at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/266975842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。