2006年12月13日

判決が出ても決着じゃない

http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20338589,00.htm?ref=rss

いよいよWinny事件に判決が。

個人的な意見を述べさせてもらえれば「登場する時期が早過ぎた」のだと思います。
Windows環境はあることはあるけれど、ほとんど使わないため、わたし自身はWinnyの恩恵を受けたことはなく、いつも遠いところの話だった気がしていました。

P2Pソフトや共有されているソフトが、雑誌やムックで紹介されていたのを覚えているけれど、紹介されていた動画の一部は今やYouTubeで見ることができますからね。

パッチを充てれば安全に使えるP2Pソフトなのに"著作権法違反ほう助"が足かせになって、機密情報が漏れまくりのまま放置しているここ数年の状況や、いわゆるキンタマウィルスの方がよっぽど悪質なのに。

判決が出ても、いまだに猛威を振るう情報流出がとまらないなら、なにも解決しないし決着もしないという事実はかわらないんです。
でも、どんな判決が出るのか注目しましょう。


posted by media_aidem at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Winny開発者に有罪判決
Excerpt: 著作権法違反(公衆送信権の侵害)ほう助の罪に問われていた「Winny」開発者に、京都地裁が有罪判決。先日お伝えしていた、P2Pファイル交換ソフト「Winny」を開発し、著作権法違反(...
Weblog: its-web tool app index
Tracked: 2006-12-13 10:57
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。