2012年10月04日

ジョブズ氏が見ていたもの

スティーブ・ジョブズ・・・今更ながらですが、亡くなってもなお驚かされるとは思いませんでした。
筆者が最初のMacを購入したのが、1996年6月でした。なぜ鮮明に覚えているかというと、Performa 6260というパソコンが店頭に並んだその日に購入したから。

あの時からMac系の雑誌で、幕張メッセに何度も足を運んだMacWorldExpoで未来を魅せてもらいました。
でもまさか1983年にiPad登場を予言していたとは・・・。

ジョブズ氏が見ていたもの、見えていた未来予想図はどんな風景だったのでしょうね。
もう訊くことすらできないのが、非常に残念です。

スティーブ・ジョブズ氏、1983年に未来のiPadを語る 講演音源が公開される


 米Appleの故スティーブ・ジョブズ氏が1983年にコロラド州アスペンで開催された国際デザイン会議で行った講演の音源を、ブロガーのマーセル・ブラウン氏が自身のブログで公開した。

 知人から入手したカセットテープの音源をデジタル化して公開したブラウン氏によると、この講演の音源は以前にも投稿されたことがあるが、質疑応答部分まで含まれるものではなかったという。この質疑応答で、ジョブズ氏は未来のコンピューティングについてさまざまな予測を披露している。

 例えば、音声認識について尋ねられたジョブズ氏は、実現には10年かかるだろうと答えている。AppleはSiriで音声認識技術を採用した。

 また、iPadのような端末について、「われわれが目指しているのは、どこにでも持ち歩け、20分で使い方を習得できる、本のようなコンピュータだ。このコンピュータは無線を搭載しており、データベースや他のコンピュータと接続できる」と語った。

 1983年は、Appleが「Lisa」を発売した年だ。前年に日本ではパソコン通信サービスが始まっているが、インターネットはまだ普及していない(WWWが開発されたのは1991年)。

 興味深い質疑応答部分は、21分30秒当たりから始まる。
posted by media_aidem at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/295353799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。