2006年12月15日

マカの気持ち

 米国時間12月12日にリリースされたMac版「Microsoft Office」のセキュリティアップデートは、間違って提供されたものだったとMicrosoftが発表した。同アップデートはまだテスト中で、 Microsoftはユーザーにこれをアンインストールするよう推奨している。(後略)


http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20338744,00.htm?ref=rss

今でこそLinuxに魂を売ってしまいましたが、根っこはマカのぼくとしては

ねぇねぇ、わざとやったんじゃないの?


という思いが払拭できません。


ですから、親愛なるマカの皆さんに発する警告はどうしてもこんなふうになっちゃいます。存在するのかどうかわかりませんが、Windowsに魂を売ってしまった方々ごめんなさい。

おーい!マイクロソフトがマックに毒入れたぞ!!
みんな気をつけろよ〜!!







……きっとわざとだぞー


タグ:Linux Mac マカ
posted by media_aidem at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。