2006年12月15日

強迫観念にとらわれた? セキュリティ専門家

 ランニング中に時間などの各種データをトラッキングできるようにする「Nike+iPod Sport Kit」に対し、セキュリティ専門家Bruce Schneier氏がプライバシーに関する懸念を強く表明している。(後略)


http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20338777,00.htm?ref=rss

人の追跡が可能なことはわかりました。ストーカーに利用されたりなんて考えるとかなり怖いです。

でもあくまでもワイヤレスセンサ付きのシューズとiPod nano、小型レシーバが必要なんでしょ?それに運動しているときのデータをとるだけで、普段から自分の消費カロリー量を電波でまき散らしながら生活するわけではないでしょうから。そんなに神経質になることもないように感じます。

記事の最後はこんな文章で結んでいます。

Nikeの関係者からコメントを得ることはできなかった。iPodを製造するApple Computerもこの件に関してノーコメントだった。


多分、相手にされてないんじゃないでしょうか。


posted by media_aidem at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。