2007年01月21日

Vistaを広める戦略 〜またパクるか(-_-;)

 Microsoftは家中に「Windows Vista」を浸透させたいと考えている。

 期間限定としてMicrosoftが告知しているのは、「Windows Vista Ultimate」エディションのパッケージ版を購入するユーザーを対象に、家庭内のあと2台までのPCに対するライセンス価格を値引きするというものだ。追加のPC1台に対するライセンス料は50ドルとなり、これで購入者は別のPCに「Windows Vista Home Premium」エディションをインストールできる。(後略)


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20341087,00.htm?ref=rss

妙に鼻息荒く″特化プログラムだ"とか言ってますけど、やっぱりAppleの模倣ですか……。
Vistaの「種類」をアップグレードするにしても、なんだかガッチリとマイクロソフトに抱きかかえられちゃってる様子。これほどオープンソースのニュースが飛び交っているというのに、ある意味頑なな職人といった印象を承けます。

オープンソースといえば、わたくし事になりますが今までとは別のLinuxのディストリビューションを導入しようと画策してます。時間的な余裕があるときにと、放置したままどんどん時間が経ってしまっているのが実体ですが……そんな計画があるんです。

Vistaについての情報を見ていると、「いいよ〜!」って言ってるのはMicrosoftだけみたいな気がするんですが……気のせいでしょうか?



posted by media_aidem at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。