2007年01月21日

OSの入れ替え需要を促進するような価値訴求点

 Windows Vistaの一般発売(1月30日)が近づいている。Microsoftの基幹製品であるPC向けOS「Windows」の5年ぶりのメジャーアップグレードだ。これまでとは違い全世界で一斉に各国語版が利用可能になるなど、多言語対応などの本質的な技術の洗練度はかなり高まっていることがうかがえる。(後略)


http://japan.cnet.com/column/mori/story/0,2000055916,20341088,00.htm?ref=rss

記事冒頭文のみの引用をいつも行うようにしていますが少ない文章からでは、この記事の意図は見えて来ないので、まずは記事原文を熟読していただきたいと考えています。非常に重要なことが書かれていて、個人的にはかなり感銘を受けた内容でした。

そもそもパソコンは目的ではなく、なにかを成す為の道具です。
道具を使いこなすためのOS……基本ソフトなのに、この騒ぎはなんなのでしょう?
ネット・メール・スプレッドシート・ワープロ?
その程度の作業ならオープンソースのOSでホントに充分だし、なにもWindowsを選択する必要もまったくないんですよね。

OSの入れ替え需要を促進するような価値訴求点


記事の中頃に登場する文言です。
ハードのスペックアップにかかるコストやOSの入れ換えにかかるコスト……本当に必要なのかなぁ。なんだかいままで疑問符がついていたことが確信に変わりました。

やっぱりVistaいらない(-_-;)




posted by media_aidem at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。