2007年01月23日

Linux Foundation発足

 Linuxの標準化と方向づけを目指す2つの団体、Open Source Development Labs(OSDL)とFree Standards Group(FSG)が、その影響力を強化するべく1つになった。(後略)


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20341231,00.htm?ref=rss

サーバ用途としてだけでなくデスクトップ環境もLinuxに移行してもうすぐ1年が経過します。

使った経験のあるディストリビューションもMK、Linux for PPC、Holon、Vine、KNOPPIXとレパートリーが増えました。いろいろ使ってみて感じたのはそれぞれのディストリビューションごとのくせといいましょうか、そこでしか動かないアプリが存在するというローカルルールがあることです。

恩恵を受けられそうで受けられない。これはとてもやきもきしてしまうこと。
なので、個人的には待ち望んでいたニュースでした。特にFSGの影響力がアップするのは嬉しいこと。今後の活動にとても期待しています。


posted by media_aidem at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。