2007年01月24日

Storm Worm 被害増大

 セキュリティベンダー各社によると、先週末にトロイの木馬が大規模にばら撒かれた結果、家庭でPCを利用するユーザーの多くが感染した可能性があるという。

 ウイルス対策ソフトウェアベンダーのF-Secureが「Storm Worm」と呼ぶこのトロイの木馬は当初、暴風雨が欧州を襲った現地時間1月19日に広がり始めた。電子メールには、この暴風雨に関する最新ニュースと見せかけ、ユーザーに実行可能なファイルをダウンロードするよう促していた。

 先週末、攻撃の波は6回あり、その都度最新ニュースと偽ってユーザーが実行可能なファイルをダウンロードするよう仕掛けられた電子メールが送られた。その中には、中国による気象衛星を狙った未確認ミサイル実験に関するニュースを装った電子メールや、キューバのFidel Castro氏の死を報じる電子メールなどもあった。(後略)

http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20341266,00.htm?ref=rss

昨日お送りした"Storm Worm"の続報です。

ウイルス対策ベンダーが定義ファイルを更新する前に変更できるよう、アップデート機能を持つなどとも書かれています。かなり精力的に活動しているようですね。

それでもおちついて考えてみると、いくらニュースだと言ってもメールマガジンを購読しているとかネット通販をした経験のあるショッピングサイトなどの広告メールならいざ知らず、グーグルアラートなどニュースを配信してくれるサービスに申し込まない限り、知らない人から届くメールはみんなスパムのはずなんですよね。

セキュリティベンダーがお手上げという状況では、自分の環境は自分でまもるしかありません。日本語圏だから安心なんて考えずに、緊張感を持って対処しましょう。


万全のセキュリティ対策で、あなたのPCも寒さを乗り切ろう!(≧∇≦)

「ウイルスセキュリティZERO」を買ってプレゼントをGET!

シマンテック2007新発売!!セキュリティソフトならコレに決まり!!


posted by media_aidem at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。