2007年01月31日

Vistaは”お祭り”になるのか

 マイクロソフトは1月30日、「Microsoft Windows Vista」および「2007 Office system」の一般販売を開始した。マイクロソフトがOSとOffice製品を同時に発売するのは、「Windows 95」および「Office 95」以来12年ぶりのこととなる。(後略)


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20341867,00.htm?ref=rss

とうとう一般向けVistaの発売日……だった昨日、わたくしはVineLinux4.0のインストール作業に没頭していました。まだ、詳細のレビューができるほど使い倒したわけではないので、大威張りでレビューなぞ書けないのですが、なんだかひとむかし前の女の子が書いていたような丸文字っぽい標準フォント(VLゴシック)や使いやすくなったIM”anthy”や新しいメニュー構成に感激しています。

今現在の最新ニュースを見てみるとVista発売を受けて各ベンダーからは対応製品やアプリが続々と名乗りをあげているようですが、よーく考えてください。名乗りをあげてないベンダーの製品(ウェブサイトでVista対応状況なんてページがあるところ)も、同時に続々と増殖中であることを……。

まだまだ慌てて飛びつく必要もないと思います。
ブログでさまざまな人のレビュー(できればネガティブな意見)を見てからじっくり考えてみることをお薦めします。

あっ、そうそうモニタやマウスの種類などをほとんど自動認識してインストール作業がかなり楽になったLinuxを選択肢に加えることもお忘れなく。



posted by media_aidem at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。