2007年02月08日

玉石混合…注意!混じっているゾ

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK)は2月7日、1月30日発売開始のWindows Vista搭載PCの、家電量販店における販売動向速報を発表した。

 発表によると、Vista発売開始後初の土日となった2月3〜4日、PCの販売は、前週の土日となる1月27〜28日と比較し、18%増であった。前年の同週末である、2006年2月4〜5日と比較しても、10%増となる。1月30日のVista発売日当日を含む、1月29日〜2月4日の発売週のPC売り上げは、42週間ぶりに前年を上回る結果となった。 (後略)


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20342597,00.htm?ref=rss

手元に先週末の家電店の折込チラシがあります。
目玉はやっぱり発売になったばかりのVistaなのですが、安いという大きな文字のまわりをふちどるようにVAIOやMebiusが並べてあります。スペックを見てみると積載メモリがどれも512MB。載っているOSは"Vista HomeBasic"……Windows AeroやMedia Center機能を搭載しない最もベーシックなバージョンでXPが走りゃこれも走るだろというエントリーモデル。

よくわからんけど買い換えの動機になっているのは、Windows Aeroだったり、開いているウィンドウを3D表示で一覧できる「フリップ3D」なんじゃないんですかね?

まさかHomeBasic搭載モデルを買ったのは98やMe、2kからの乗換組でXPからの乗り換えじゃないですよね?……そりゃそうだ、購入前の基礎知識として最低限調べておくことだもんね。

広告の話に戻ります。
HomeBasicは10万円前後、Home Premiumについては20万円弱付近という価格帯。実質5〜6万の違いが数年先、ボディブローのように効いてくるのかもしれません。

【関連ページ】

GFK


posted by media_aidem at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。