2007年02月08日

キモの話。

 米国時間2月6日、インターネットのバックボーンの重要部分が悪質なハッカーの攻撃を受けた徴候が確認された。しかしセキュリティ専門家によると、今のところ被害はないようだ。

 問題の攻撃はドメイン名システム(DNS)を狙ったもようだ。DNSは、「News.com」といったテキストベースのドメイン名をインターネットに接続しているサーバのIPアドレス(数字の組み合わせで表現される)に変換、あるいはその逆の変換を行うものだ。そして、複数の専門家が6日未明、こうしたDNSサーバのうちの重要な何台かについて、トラフィックの急増を確認した。これはサイバー攻撃の兆候だ。(後略)


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20342570,00.htm?ref=rss

ネットワークに関する本を読んだり、自分でWebサーバを公開しようと考えたりするとDNSは外すことができないキモの部分です。同じようにドメインとIPアドレスを変換する作業を担っている部分であるDNSサーバの重要度を考えるとやっぱりキモなのであります。

気になるのは最近増えていると言われているフィッシィングにつながるのではないかという点。メールでつらなくても狂わされたDNSサーバ経由で”魚”がやってくればそりゃもう入れ食いですから……。

では、もうちょっと蘊蓄を。
正式なルートDNSサーバは13台あるそうです。

 ・米VeriSign社に2台
 ・ネットワーク管理団体IANA
 ・ヨーロッパのネットワーク管理団体RIPE-NCC
 ・米PSINet社
 ・米ISI(Information Sciences Institute)
 ・米ISC(Internet Software Consortium)
 ・米Maryland大学
 ・米航空宇宙局(NASA)
 ・米国防総省
 ・米陸軍研究所
 ・ノルウェーのNORDUnet
 ・日本のWIDEプロジェクト

というわけでアメリカに集中しているのがわかります。
やっぱりインターネットのキモはアメリカが握っているんですね。

万全のセキュリティ対策で、あなたのPCも寒さを乗り切ろう!(≧∇≦)

「ウイルスセキュリティZERO」を買ってプレゼントをGET!

シマンテック2007新発売!!セキュリティソフトならコレに決まり!!



【関連ページ】
DNSとは


タグ:DNS
posted by media_aidem at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。