2007年02月14日

PowerPCの動向はいまでもやっぱり気になります

 サンフランシスコ発--大型サーバの設計ではマルチプロセッサシステムが普通だが、IBMの次期チップ「POWER6」では、1台のサーバに搭載できるプロセッサ数が今までの2倍に増える。

 IBMの現行デュアルコアプロセッサ「POWER5+」の場合、1台のサーバに最大32基まで搭載できる。しかし、POWER6の設計を担当しているBrad McCredie氏とJosh Friedrich氏によると、POWER6では2倍の64基まで搭載できるようになるという。Friedrich氏は、POWER6のメモリサブシステムの開発を率いた人物だ。

 Friedrich氏は取材に応え、「これほど多くのプロセッサを搭載したサーバがすぐに出回ることはないだろう」が、IBMは実際、性能が向上したこのマルチプロセッサを搭載するサーバを売り出す計画だと述べた。Friedrich氏は米国時間2月12日、「International Solid State Circuits Conference」で講演し、POWER6に関する資料を発表した。(後略)


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20342943,00.htm?ref=rss

PowerPCからIntelチップに換装することで同じ土俵に立ったWindwsOSと純粋に競える”同じ土俵”に立ったMacですが、やっぱり古くからのマカはPowerPCの産みの親IBMの動向が気になるところです。

デュアルコアの採用や低消費電力設計など、動向はIntelと酷似している様子。ひょっとしたらIntelに鞍替えするしたのは……イヤイヤ、ボートキャンプを使ってWindowsXPをゲストOSとして走らせたり、Linuxとデュアルブートしたり、なによりWindowsマシンと同じ環境下でベンチマーク勝負ができるようになったのですから、選択は正しかったんでしょうな。……そう信じたいです。


posted by media_aidem at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。